炭酸泉で若返る

炭酸泉に入ることのメリットとは?

炭酸泉は、二酸化炭素が溶け込んだ温泉のことです。
ヨーロッパでは「心臓の湯」と呼ばれ世界各国から多くの人が集まるほど治療効果が高い温泉だと言われています。
炭酸泉は人の肌と同じ弱酸性のため、肌への刺激が少なく、さらに二酸化炭素の泡が皮膚から吸収されることにより血管が拡張して血流が良くなります。
毛細血管への血流も多くなるため、皮膚の疾患改善や高血圧や動脈硬化に効果が期待できます。
また二酸化炭素の泡が肌に残った古い角質を剥がしやすくしてくれるため、新陳代謝が活発になったり、皮脂の汚れや毛穴の汚れも一緒に解消されるため、美肌になれたり、髪に使えばキューティクルを引き締めることによりすべすべの触り心地になります。
炭酸泉はぬるま湯のため、長時間入っていても心臓に負担をかけずに血流が良くなることもメリットの一つです。
日本では炭酸泉の温泉も多くありますが、身近で利用できるのはヘッドスパです。
美容室で導入されているところも多くあり、リラックス効果を実感できるでしょう。

炭酸泉の美容上のメリットとは

炭酸泉とは水に二酸化炭素が溶け込んでいるものです。
その影響で、ぱちぱちと弾けるような刺激があるのが特徴です。
飲料としては勿論のこと、洗顔や洗髪などの際にも利用することが可能です。
そしてそこには、様々なメリットがあります。
まず炭酸泉の炭酸のもとである二酸化炭素は、肌表面から血中に入り込む性質を持っています。
するとそのことによって血管が拡張され、血流促進効果を期待することができます。
ですから、特に頭皮において血行不良が発生している人は、それを解消でき、薄毛や脱毛と言った頭髪トラブルの予防や改善につなげることができます。
洗顔に利用した場合は、血行促進によって肌の新陳代謝が促進されますから、肌荒れやニキビ、シミと言った肌トラブルへの効果が見込まれます。
そして入浴の際に炭酸泉を利用すれば、全身の冷えの予防にもつながります。
それによって、心身のリラックスを期待することもできます。
また炭酸の気泡は、たんぱく質とくっつきやすい性質を持っています。
そのため炭酸水を利用すれば、肌に付着している皮脂や古い角質と言ったたんぱく質汚れをより浮かしやすく、落としやすくすることができると言うメリットもあります。

Copyright 2015 炭酸泉と暮らす All Rights Reserved.