炭酸泉で若返る

炭酸泉の泡って、なに?

炭酸泉は、二酸化炭素が溶け込んだ温泉のことです。
ヨーロッパでは「心臓の湯」と呼ばれ世界各国から多くの人が集まるほど治療効果が高い温泉だと言われています。
炭酸泉は人の肌と同じ弱酸性のため、肌への刺激が少なく、さらに二酸化炭素の泡が皮膚から吸収されることにより血管が拡張して血流が良くなります。
毛細血管への血流も多くなるため、皮膚の疾患改善や高血圧や動脈硬化に効果が期待できます。
また二酸化炭素の泡が肌に残った古い角質を剥がしやすくしてくれるため、新陳代謝が活発になったり、皮脂の汚れや毛穴の汚れも一緒に解消されるため、美肌になれたり、髪に使えばキューティクルを引き締めることによりすべすべの触り心地になります。
炭酸泉はぬるま湯のため、長時間入っていても心臓に負担をかけずに血流が良くなることもメリットの一つです。
日本では炭酸泉の温泉も多くありますが、身近で利用できるのはヘッドスパです。
美容室で導入されているところも多くあり、リラックス効果を実感できるでしょう。

炭酸泉の効能は泡にある

最近健康や美容に良いと評判のお風呂に炭酸泉があります。
その評判は非常に高く全国的に有名なスーパー銭湯や女性に人気のスパなど、多くの入浴施設でも取り入れられています。
炭酸泉とは水に二酸化炭素が溶け込んだ状態をいい、主に天然と人工の種類があります。
炭酸泉の健康に対する効能は様々で、血行促進作用や冷え症や肩こりの改善などが挙げられます。
また入浴するとお肌に細かい泡が付着するのも大きな特徴です。
これは気泡が溶けずに残った炭酸ガスの成分だといいます。
この泡が皮膚の表面から内部に吸収されることで、血管を拡げ血の巡りを良くする作用があります。
そのため末梢神経や毛細血管が適度に刺激されるので、様々な皮膚疾患や動脈硬化などの現代病にも優れた効能を発揮するといわれています。
現代の科学の発達の影響で最近では自宅でも気軽に炭酸風呂が楽しめる時代になりました。
ドラッグストアなどで売っている入浴剤をお風呂に投入すれば良いだけです。
とはいえ上記のような健康や美容効果を期待するのであれば、出来るだけ濃度の高い天然の炭酸泉に入ることが好ましいとされています。

Copyright 2015 炭酸泉と暮らす All Rights Reserved.